満足度UP

会社のあり方を考えるためのES調査について

企業を作るのは人

労働基準法が作られたのは考えてみると最近です。労働や企業のあり方に関しては、まだまだ考えることがたくさんあるといえます。会社は利潤を追求する組織ではありますが、それを動かしているのは人だということを意識すべきです。

従業員のやる気を導き出す

ウーマン

会社のあり方は変化し続けている

資本主義というものが考え出され、サービスや製品を提供する会社が生み出されてから、長い年月が経過しました。
しかし、人間の歴史を考えてみるとそれほど長い年月でもないことが分かります。
会社のあり方も常に変化し続けていますし、いつまでも同じものはないので常に試行錯誤は続いていくのです。

何年も前から取り組まれている

会社組織が変化し続ける中で、ES調査というものが近年よく話題に上るようになっています。しかし、ES調査は以前から必要性が叫ばれてきたものです。
社員のモチベーションを上げることができると、楽しく仕事ができ社内の活性化にも繋がると考えられてきているのですが、未だに話題に上るということはこの調査がどれほど難しいものなのかが分かるでしょう。

考え方について

従業員の満足度調査は、生産性向上のために行なうと考えている人は多いですが、それだけを考えていると成功しません。
利潤を追求するためにはなんでもするというスタンスではなく、従業員とともに経営を考えることが大切なのです。

必要とされる背景

ES調査が最近になって以前よりもより注目されるようになってきたのは、社会の変化も影響しています。
年功序列や新卒採用という規則が崩れてきたことで、今までと同じコミュニケーションのやり取りでは十分ではなくなってきたのです。