満足度UP

可視化するために必要な調査すべき項目をチェック

調査の項目を見てみよう

男女

調査対象を決める

良い計画のためには
「現在どのような問題があるのか」
「問題を解決するための対策は何か」
を考える必要があります。
そのためには、正しく「問題」や「ニーズ」を調査する必要があるのです。
しかし、その調査方法が的外れなものになってしまうと計画もうまく立てられません。

ES調査は簡単な方が良い

業務内に調査することになりますから、ES調査の調査項目はできるだけ時間が掛からない方が良いです。そのため、ES調査会社は的確な項目を調査の項目に入れられるように設定してくれます。
従業員が回答にかける時間が20分だと平均より短いといえるでしょう。

角度を少し変える

調査する項目をチェックすると、いろんな角度から調査ができるようになっていることがわかるでしょう。
世代によってモチベーションとなる出来事やインセンティブは異なってきますので、いろんな角度から項目を設定して、調査しなければなりません。

項目の例をチェック

外部に委託するにしても、どういった方向性で質問が行なわれるのかチェックしておきましょう。
ES調査で行なわれる質問の例
・コンプライアンス…強化するためにはどうするか、遵守できているか現在の状況。
・上司との関係…コミュニケーションが取れているか、方針の提示は十分なのか。
・人事制度…キャリア開発の方針に不満はないか、評価に満足しているか。

プロが知っていること

調査に関しては、プロに任せた方がうまくいく場合が多いです。ES調査は特に、調査の項目が真の目的とズレていると思ったようなニーズやモチベーション調査ができないこともあります。いろんな世代がいる会社こそ、ちゃんとした会社に相談しましょう。